結婚指輪選びに悩むならアイプリモに訊いてみよう

リング

結婚を考え出したとき

リング

女性の気持ち

20代後半、恋人がいたら結婚を意識するのは当然のことだろう。プロポーズするとき、もしくはしてから婚約指輪を男性が女性にプレゼントすることが主流になっている。もともと婚約指輪は給料の3か月分などと言われているが、これは昔の男性がもらっていた給料なので、現在は1〜2か月分が平均的だと言われている。しかし、婚約指輪をもらう女性は値段など気にしておらず、もらえたことが嬉しいことをまずは覚えておいてほしい。それを踏まえたうえで婚約指輪の選び方について考えよう。婚約指輪と検索すると数えきれない数のブランドや専門店のサイトが出てくる。婚約指輪には素材だけでも、ゴールドやピンクゴールド、プラチナなどの種類がある。デザインもソリティアやパヴェ、エタニティなど豊富に揃っているため、彼女の好みを把握していないと選ぶのが難しい。突然のプレゼントもいいかもしれないが、彼女と一緒に選びに行くのがお勧めだ。ダイヤモンドのついたものをと思っても、実は彼女は誕生石がいいかもしれないということがあるからだ。そのため、婚約指輪選びに迷ったら、彼女と一緒に行くのがいいだろう。どこに行けばいいのかわからなければ、とりあえず百貨店に行ってみると接客のプロが一から丁寧に説明してくれる。本当にたくさんのブランドと素敵な指輪が並んでいるので、その中でゆっくり時間をかけて候補をだす。「一生もの」を選ぶには短い時間かもしれないが女性の悩む気持ちを理解したうえで一緒に行ってほしい。